FC2ブログ

愛撫の仕方

yuru

yuru

自分では良く分からないが、どうも私の愛撫は気持ちが良いそうだ。
確かに調教が進んでいくと、指先で愛撫するだけで、色々なところで逝くようになる。

もちろん、人にもよるが、クリトリスや乳首はもちろんの事、耳元、首筋、肩、鎖骨のあたり、手の甲、指、背中、ウエスト、内股、膝、くるぶし、足の指・・・等、ありとあらゆる所で逝くようになる。

私自身は特別な事をしているつもりは無い。
ただ、私が愛撫をする時に意識している事がいくつかある。

4302.jpg

まず、触れる時の強さ。
愛撫は「愛おしく、撫でる」と書く。
できるだけ、力を抜いて、指先や指の腹で優しく撫でる。
その時に注意する事は私自身が心地よく感じる強さで撫でる事。
強すぎても、弱すぎても、ダメだ。
私自身が相手の肌を心地よく感じる強さ、これが私が思う強さの基本だ。

そして、次に、変化をつける事。
「心地良さを感じる強さ」が基本だが、ずっと同じ強さだと、私自身が面白くない。
だから、色々変化をつける。
振れるか触れないか、ぐらいソフトにしたり、逆に引っ掻くぐらい強くしたり。
とにかく、変化をつけて、楽しむ。

あと、もう一つ大事な事は相手の反応を観察する事。
人によって、心地良いと感じる強さは違う。
指が触れる強さや触れ方、または、指が移動する速さ等、どんな愛撫をすると相手の反応がどうなるか?
これを観察しながら、愛撫するのを楽しんでいる。

愛撫する場所によっても、感じ方が変わる。
少し強めに愛撫した方が感じる場所や、逆にできるだけソフトにした方が感じる場所がある。

さらに、時間によっても違う。
愛撫し始めた時と、10分後、20分後では身体の感度が当然変わってくる。
同じ愛撫の仕方では駄目なのだ。

なので、相手の反応をしっかりと観察しないとどんな愛撫が良いのかがわからない。
相手の反応に関係なく、ただ、自分の愛撫を押し付けても気持ち良くはならないし、感度を上げる事はできない。

せっかくM性を持って生まれてきたわけだから、M女の喜びを最大限、感じて欲しいと私は思っている。
その為には全身の感度を上げるように開発する事が必要だ。

たかが、愛撫、されど、愛撫。
愛撫はけっこう奥が深い。
関連記事
Posted byyuru

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply