FC2ブログ

M女性の困惑

yuru

yuru

私は日常的に車を使うが、車の運転にはその人間の人柄が現れる。
世の中にはいろんな人間がいて、それぞれの感覚で運転している。

ルールが明確に決まっている車の運転でさえ、あれほど、いろんな人間がいる。
性癖が人ぞれぞれ、全く違うなんて当たり前の事だ。

車の運転に比べれば、性癖は誰かに迷惑をかけるわけでなし、みんな自由で構わない。
もちろんパートナーが受け入れられない場合は話が別だが。

そう考えれば、SMなんて可愛い物だ。
アブノーマルと言っても、お互いが望み、求めているわけだから。

さて、話は変わるが、今日、離合に困る女性と鉢合わせした。

いつも使う抜け道の一つに、かなり細くて離合するのが少し難しい道がある。
その道に差し掛かった時に、運悪く向こうから1台の車がやって来た。
見ると運転しているのは30才前後の女性。

表情を見ると明らかに動揺し、どうして良いか分からなくて困っている。
ここで無理に離合しようとすれば、彼女に大きなストレスがかかるのは明らかだった。
私は30mほど、バックして道を譲った。

この時に、ふと調教されるM女性の表情を思い出した。
M女性が困惑する状態には大きく二つある。

一つはストレスに繋がる困惑。
もう一つは快感に繋がる困惑。

同じ困惑でもその反応は全くの正反対。

調教する時にはこれを見誤ってはいけない。
私はプレッシャーは与えるが、ストレスは与えないように細心の注意を払う。

プレッシャーとストレスは一見すると同じだ。
何故なら、それは受け手によって変化するからだ。

例えば、あるM女性がアナル調教にトラウマを持っていたとしよう。
このトラウマをケアせず、アナルを調教するとどうなるか?
これは強いストレスを感じる可能性が高い。

ところが、同じアナル調教であっても、事前に精神的なケアをし、女性自身が興味を持ったとしよう。
すると全く同じ行為であっても、それはプレッシャーとなる。
つまり、全く同じ行為であっても、受け手の精神状態や興味でストレスにもプレッシャーにもなると言う事だ。

ストレスを与え続けると精神的に追い込まれ、行き場を失う。
ところが、プレッシャーは成長に繋がり、より魅力的なM女性へと育つ。

調教ではストレスを与えては魅力は半減し、心が疲弊していく。
それに対しプレッシャーはどんどん与え続ければ良い。
プレッシャーは与えれば与える程、光り輝く。
ただ、段階を見誤ると、プレッシャーはストレスへと変わる可能性がある事を忘れてはいけない。

そのバランスが崩れた時、M女性にとっては、ただの勘違いS男となる。
そんな事にならないようにご主人様は日々精進する必要がある。
実はご主人様業は傍目で見る程、気楽じゃない訳だ。
これから調教の世界に足を踏み込む男性には知っておいて欲しい。

92928.jpg
関連記事
Posted byyuru

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply